多様化するオフィスデザイン

時代とともに人々の働き方が多様化している一方で、オフィスデザインもまた大きく様変わりしています。ワークスペースとして進化を続けるオフィスの今に着目しながら、その新たな魅力、オフィスデザインの可能性について紹介します。

さまざまな「働きやすさ」を実現するオフィス

働き方が多様化しているということは、現代人にとって「働きやすさ」も決して一様ではないということを意味しています。例えば、個人の能力に大きく依存するようなデスクワークの現場では、スタッフひとりひとりが周囲の雑音に影響されず、仕事や作業に集中できる環境・オフィスデザインが求められます。一方で、チームやグループでの連携、コラボレーションが重要となる職域では、互いの意思疎通を促進するオフィスレイアウトが理想です。

このように、今日では同じ社内だからといって、すべての部門や部署で同じオフィスデザイン、オフィスレイアウトで統一するといったことはもはや意味をもたなくなっています。つまり、働き方の数だけワークスペースがあるということ。新たにオフィスを移転する場合は、こうした点を考慮に入れながら、職場作りしてみるのもよいのではないでしょうか。

コミュニケーション&コラボレーションを促進するオフィス

「ムダな会議を廃止しよう」という意識をもつ企業はありますが、社内には会議という形式的なコミュニケーションとは異なる、自由闊達な情報交換や自発的なコラボレーションが不可欠なことも事実です。オフィスデザインやオフィスレイアウトを考えるときはこうした点を十分に認識したうえで、スタッフが活発にコミュニケーションを交わせ、コラボレーションできる環境を整えることが重要。

とくに斬新な企画やクリエイティブを生み出すような職域では、上司も部下もお互いの立場を超えて意見やアイデアを発言できるスペースがあれば理想的です。例えば、街角のカフェのようなフロアなら、招集をかけなくても自然と人が集まるでしょう。コーヒー片手にリラックスした気分でコミュニケーションすれば、言葉のキャッチボールから思いがけない発想が生まれるかもしれません。

企業文化の表現媒体としてのオフィス

一昔前は、どのオフィスも基本的には同じようなカラー・インテリアで、そこから会社らしさを感じることは少なかったように思います。しかし現在では、自社のコーポレートカラーを配したインテリアやオフィスツールを採用する企業が増えており、ブランディングを重視するような一部上場企業ではそれが定着した感があるほどです。

確かにオフィスはワーキングスペースですが、同時に大切なお客様をお迎えするゲストルームとしての役割もあります。そう考えると、宣伝広告や企業ロゴなど外向きのツールやメディアだけでなく、オフィスというより身近なスペースを企業文化の表現媒体として活用しても何ら不思議ではありません。しかも、ワーキングスペースに色を取り入れることで、オフィスとしての統一感やアクセントを生み、そのカラーや使用面積などによっては、従業員の士気に影響することもあるそうです。オフィス移転に際しては、大企業のこうしたブランディング戦略も参考にしてみてはいかがでしょうか。

柔軟に進化・変革を続けるオフィス

人々の働き方は時代とともに今後もさらに変化し続けるでしょう。その変化を受け止め、進化するようなオフィスこそ理想かもしれません。例えば、社内の業務スタイルや組織改革に対しても柔軟にそのカタチを変えることができるオフィス、情報通信技術やコミュニケーションツールの進化に合わせてデザインやレイアウトを自在に変更できるオフィス。これからのワークスペースに求められている要件はまさに、こうしたフレキシブルなスタイルではないでしょうか。