小規模オフィスのレイアウト変更で欠かせないポイント

面積が限られているだけにコツのいる小規模オフィスのレイアウト。限られたスペースにデスク、什器、コピー機などを置き、会議室なども作るとなるとどうしても雑然としたオフィスになりがちです。そこで今回は小規模オフィスのレイアウトを決める際、見落とさないようにしたいポイントをご紹介します。

小規模オフィスのメリットを生かしたレイアウトのポイント

小規模オフィスをレイアウトするうえで一番のポイントは導線の確保です。デスクやロッカー、コピー機など大きなスペースを取るものの配置を先にやってしまうと、後になって通路が狭すぎて通れないといったトラブルが起こりがちです。これでは小規模オフィスの利点を生かすことはできません。

小規模オフィスの最大のメリットは、社員同士のコミュニケーションが取りやすく、業務を遂行するうえでスピード感を出せることです。しかしどんなに業務遂行のスピード感を出せても、オフィス内の導線が悪いと、せっかくのスピードを妨げてしまいます。そういった意味でも小規模オフィスレイアウトのポイントは、まず導線を確保することから始めましょう。

小規模オフィスレイアウトで注意すべきポイント

限られたスペースを最大限有効に使うためには、導線を確保する以外にもいくつか注意するべきポイントがあります。

収納スペースは確保できているか?

小規模オフィスでものを収納するスペースが少ないからといって、デスクの上に山積みにしていては、業務効率が悪くなるばかりか、需要な書類とそうではない書類が混在してしまうなどコンプライアンス的にも大きな問題となります。

ポイントは収納スペースを減らすことではなく、必要なものとそうではないものを区別し、必要ではないものはその都度廃棄処分にすることです。書類はすべてスキャンしてペーパーレス化することもできますが、必要ではない書類をスキャンしてもデジタルのゴミが増えるだけで、業務効率は決してよくはなりません。

まずは必要なものとそうでないものにしっかりと分け、そのうえで紙として残し収納する、データ化して紙は捨てるといった順位を決めていきましょう。

女性のプライバシーに配慮できているか?

どんなに狭いオフィスだからといって、男女間のプライバシーをないがしろにしては、お互いに気持ちよく仕事ができません。特に女性が気にするトイレ付近には場合によってパーテーションを置く、音が外に漏れないようにするといった工夫が必要です。また可能であれば女性には小さくてもロッカールームを用意するといった配慮も必要です。

休憩スペースは十分か?

どんなに機能的であったとしても、常に狭いスペースの中で仕事をしているとどうしても息が詰まってしまいがちです。そうした時に重要なのが休憩スペースです。オフィススペースをさらに狭くしてしまう可能性もありますが、うまく工夫して休憩スペースを確保することで、リフレッシュ効果を生み、業務効率のアップにもつながります。

パーテーションの使い方に気をつける

小規模オフィスでは社員同士が近くにいることから、コミュニケーションの活性化にはつながりますが、反面パーソナルスペースが少ないことがストレスにもなってしまいます。そこでパーテーションを使い最低限のパーソナルスペースを守るようにします。

ただし顔の高さまであるパーテーションにしてしまうと、ただでさえ狭いスペースにさらに圧迫感が生まれてしまいます。手元が見えない程度の高さのパーテーションを上手に配置して、パーソナルスペースを確保できるようにしましょう。

レイアウトに悩んだら専門家に相談を

小規模オフィスのレイアウトはコツさえつかめればそれほど難しいものではありません。しかし一旦、決めてしまうとなかなか変更はしづらくなってしまいます。後になって後悔しないためにも、初めての小規模オフィスの場合は、専門家に依頼してアドバイスを受けることをおすすめします。

「三英オフィスサービス」では大規模オフィスはもちろん小規模オフィスのレイアウト設計も多数の実績があります。東京都内で小規模オフィスへの移転を検討中の際にはぜひご相談ください。