オフィスの引越し、平日と休日ならどっちがいいの?

一般的な住まいの引越しは、平日を選んだほうが費用も安く済んでお得!と言われることはよくありますが、オフィスの場合はどうでしょうか。オフィスの引越し、平日と休日どちらを選ぶべきか、経営者の方にとっては悩みどころです。そこで今回はオフィスの引越し、平日と休日それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

一般的な引越しの平日と休日の違い

引越しは平日と休日とどちらがお得なのか?オフィスの話をする前にまずは一般的な引越しで考えてみます。一般的な引越しでは平日、休日の主なメリット・デメリットは以下のようなものがあります(※今回は、カレンダー通りにお勤めの方を基準にしてお話します)。

平日に引越しをするメリット・デメリット

平日に引越しをする一番のメリットは、引越し費用の安さです。また引越し業者も休日に比べ依頼件数に余裕がある場合が多く、自分達にとって都合の良い時間帯を選びやすいのもメリットのひとつです。さらに平日は役所での転出・転入手続きも日にちを改めることなく一日で済ませてしまえることも大きなメリットです。

デメリットは、仕事を休まなくてはならない。周り近所の方が仕事に行っていて、引越しの挨拶ができないなどが挙げられます。

休日に引越しをするメリット・デメリット

休日に引越しをする一番のメリットは仕事を休まなくてもよいことです。特に学生のお子様がいる場合、学校を休ませる必要がないことは家族揃って引越しをするうえで大きなメリットです。また時期を選べば時間帯によっては平日よりも道が空いていて、引越しがスムーズに行えることもメリットです。

デメリットは、引越し費用が割高になる。繁忙期はすぐに予約が埋まってしまう。休日が丸々潰れてしまうなどが挙げられます。

オフィスの引越しに曜日は関係ある?

ここまで見てきたように、一般的な引越しでは、平日、休日でどちらもメリット・デメリットがあり、引越しの時期、家族属性、仕事の状況などによってもお得感は変わります。ではオフィスの引越しではどうでしょう?

まず平日に引越しをする場合、曜日によっても違いはあります。例えば週明けの月曜、週末の金曜は多くの業種で仕事が立て込むため、できれば火、水、木での引越しがおすすめです。しかし月、金は費用が安くなるお得なプランを提供している引越し業者もあります。そのためできるだけ引越し費用を抑えたいといった場合は、仕事の状況を確認しつつ、そうしたプランを提供している引越し業者を選択するのもひとつの方法です。

また一般住宅、オフィスに関わらず月末月初は新築住宅の引渡しやマンションの解約が重なり、引越し業者は繁忙期になるため、余裕を持って引越ししたければ中旬がおすすめです。

オフィスの引越し、平日休日のメリット・デメリット

では具体的にオフィスの引越しにおける平日、休日のメリット・デメリットについて見ていきます。オフィスでの引越しの場合、一般的な引越しともっとも異なる点は、平日に引越しをすると、その日一日業務を休まなくてはならなくなる点です。平日ということで引越し費用は抑えられますが、一日分の売上が減ってしまうことも考慮にいれないと、かえって大きな損失になることもあります。

逆に休日に引越しをした場合、売上に支障は出ないものの、従業員に対して休日手当を支払う、もしくは代休を与える必要が生じます。仮に従業員に頼らず引越し業者だけで引越しをしたとしても、翌日、デスクや棚の整理などに時間を要することになり、結果的に休日料金を支払ううえ、平日業務にも影響が出てしまいます。

オフィスの引越しを成功させるポイントはスムーズさ

ここまでご説明してきたようにオフィスの引越しは、費用の面においては平日、休日どちらでもそれほど大きな差はありません。もちろん引越しの時期や業種、そして会社の規模にもよりますが、ポイントは平日、休日どちらにしてもできるだけスムーズに引越しを終えることにあります。

そこでおすすめなのが、オフィス移転の専門業者です。引越しに関わるすべての交渉、折衝からスケジュール策定、新オフィスのレイアウト作成などを代行してもらうことで、突然のトラブルや予期していなかった出費を限りなく抑え、スムーズな引越しが可能になります。東京都内でオフィスの引越しを検討されている場合はぜひ、「三英オフィスサービス」にご相談ください。