オフィスデザインがもたらすプラス効果

会社を移転するからには、この際、オフィスデザインやオフィスレイアウトも一新して職場環境をより良いものにしたいところ。そのようなオフィス移転に伴うフロアデザインやレイアウトの改善は、どんなメリットをもたらすのでしょうか。

業務の効率化・生産性の向上

時代が変われば私たちの働き方も変わります。それなのに使い勝手が悪く旧態依然としたオフィスでは、生産性向上や従業員の満足度アップなど到底期待できません。オフィスを移転するこの機会にこそ、現在の働き方にふさわしいデザインやレイアウトを取り入れましょう。

従業員の作業動線を考慮したオフィスレイアウトやスタッフのコミュニケーション、連携、業務の効率化を強化する空間設計も検討すべき課題。優れたノウハウや実績のあるオフィス移転業者なら、こうしたニーズにも最適なソリューションを提供してくれます。

居心地がよく満足度が高い環境

生産性を上げるオフィス作りには、作業動線やゾーニングの工夫が必要ですが、新しいオフィスにふさわしい快適な環境の構築もそれ以上に大切です。室内のインテリア設計やカラーコーディネート、照明の質や配光特性の良し悪しは、働きやすい環境を左右する大きな要因のひとつ。

さらにデスクレイアウトは、ワーキングスペースとしての満足度に関わる重要なファクターです。例えば、各スタッフが作業に集中しやすい環境を作るならコンセントレーション志向のレイアウトを、グループやチームの連携を図りながらも個々の集中を妨げない環境がほしい場合はコラボレーション志向といったように、部門や部署ごとの働き方に即したデスクレイアウトを採用するのが理想。こうしたきめ細かなデザイン提案ができる業者を選びたいところです。

企業のブランドイメージを表現する空間

ブランディングを重視する企業の多くが取り組んでいるのは、自社商品やサービスの宣伝ばかりではありません。その会社らしさを表現する職場作り、環境整備にも同様に力を入れているもの。なぜなら、オフィスはワーキングスペースであると同時に、大切なお客様をお迎えするゲストルームとしての役割も果たすからです。

当然のことですが、職場の雰囲気や美しいオフィスがゲストの印象に与える影響は絶大で、取引先との良好な関係作りや良質な人材確保、メディア対応などにおいても重要な役割を果たします。

光熱費削減・地球環境にやさしい

オフィスデザインを考えるうえで、オフィスのスマート化にも配慮しましょう。例えば、導入するOA機器を複合タイプに集約したり、照明にLEDタイプを使用したりして、事業所全体で光熱費の削減、環境負荷軽減を図る仕組みを構築できます。光熱費を抑えることで経費節減につながるのはもちろんですが、全社挙げて環境負荷軽減に取り組んでいるという姿勢を打ち出せば、企業イメージの向上も図れます。移転に際しては、自社サーバーや社内ネットワークなどの通信環境もアップデートしておくことも大切です。