癒しの香りでオフィスデザインして業務効率をアップ

頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れ、エアコンによる乾燥、対人関係などオフィスには心身ともにストレスの要因が多数ひそんでいます。そこでおすすめしたいのがアロマの香りによる癒し効果です。香りにはストレスを解消したり、気分がリラックスしたり、疲れを癒したりとさまざまな効果があります。そこで今回はオフィスに癒し効果をもたらす香りについてご紹介します。アロマをオフィスデザインに役立ててみてください。

オフィスで香りを楽しむには?

さまざまな効果を持つ香りですが、オフィス内の至るところで香りを出せばいいというわけではありません。香りは人によって好き嫌いがあるため、オフィスにいる間、四六時中香りに包まれていると、かえってストレスになってしまう場合もあります。そのためオフィスの中でも放つ場所をしぼって活用することが、香りの効果をより発揮させる方法です。そういった意味でオフィスの中で香りの効果を発揮する場所は、エントランス、会議室、リラックスルームです。

エントランス

出社、帰社時などにそれまでと気持ちを入れ替えるのに香りが効果を発揮します。またお客様を迎え入れる場所として、香りで好印象を伝えることができます。

エントランスはさまざまな方が出入りする場所のため、おすすめの香りは好き嫌いが少なく、多くの方が好むベルガモット、グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘系です。またローズ、ゼラニウムなども比較的万人向けの香りです。

会議室

オフィスの中でも、より集中力が必要な会議室では、集中力を高める香りを活用することで良いアイディアも出やすくなります。

集中力を高めるには、ペパーミント、レモングラス、ローズマリー、ブラックぺパー、ユーカリなどがおすすめです。またバジルやティーツリーには記憶力を強化する効果があり、これも会議室にはおすすめの香りです。

リラックスルーム

休憩時やちょっとしたミーティングを行う際に、香りでリラックス効果を高め、リフレッシュして仕事に臨めるようになります。

リフレッシュ効果のある香りはベルガモットやユーカリなどです。またイランイラン、サンダルウッド、ジュニパーベリーなどは、ストレスの緩和効果があります。

このほかにも冷暖房の乾燥による、のどの痛みを和らげるニアウリ・シネオール、ローズマリー・シネオール、頭痛を抑えるカモミール・ローマン、ラベンダー、マジョラムなどもリラックスルームにはおすすめです。

個人のデスクで香りを楽しむには

オフィス全体ではなく、個人のデスクで香りを楽しむ方法もあります。

  • ・精油で直接香り付けしたポプリやドライフラワーをデスクに置く
  • ・自分だけで楽しめる微量な香りを出すアロマペンダントをつける
  • ・アロマスプレーをマスクにひとふきし、香りを楽しむ

このほかにも、休憩時にアロマオイルを首筋や手などに塗り、軽くマッサージすることで、リラックス効果を得たり、コーヒーカップなどにお湯を入れ、そこに精油を垂らして香りを嗅いだりといった方法もあります。

香りを楽しむにはマナーも大切

リラックス、集中力を高める、乾燥を防ぐ、頭痛・肩こりの緩和などさまざまな効果を持つ香り。しかし香りを楽しむときは気をつけなければいけない点があります。それはスメル・ハラスメント、いわゆるスメハラです。

いかに様々な効果を持つとはいえ、人によっては香りに敏感な方や、自分は好きな香りでも不快感を持つ方もいます。特に個人のデスクで香りを楽しむ際には、そもそもアロマを使ってよいのか、どんな種類にするのか、香りの強さは大丈夫かなど、周りに迷惑がかからないよう最大限の配慮を忘れないようにしてください。

香りの効果で作業効率もアップ

香りは心身を癒すと同時に、集中力を高めたり、リフレッシュを促したりすることで、作業効率をアップさせる働きも持っています。そのため、香りをうまく活用すれば、業績を伸ばす可能性も秘めています。香りに拒否反応を示す方への配慮は十分必要ですが、場所を限定したり、自分の周りには香りが広がらない工夫をするなどして、香りを使ってオフィスデザインを楽しんでみてはいかがでしょう?