オフィス移転祝いにお花選びとそのマナーとは?

取引先が業務拡張、人員増加などによってオフィスを移転する際、会社としてお祝いを贈ることが一般的です。特に長年お世話になっている、深い付き合いがあるといった場合は、日頃の感謝の気持ちと今後の良好な関係を継続していくという意味でも、お祝いは必ず贈るようにしましょう。そこで今回は移転祝いに最適な花の選び方やマナーについてご紹介します。

オフィスでの移転祝いとは?

オフィスでの移転祝いは、知り合いや友人などが家を新築した際の引越し祝いと基本的には同じものと考えて間違いありません。ただしオフィスの移転祝いの場合は、仕事上の付き合いになるため、日頃の感謝や今後の繁栄祈願といった意味合いが大きくなります。またお歳暮やお中元と同様に、今後の業務を円滑に進めて行くうえでも移転祝いは非常に有効です。

移転祝いを贈るベストな時期

移転祝いを贈る時期は、移転の完了する前日から2週間以内がベストでしょう。特に生花を贈る場合は、移転から2週間を過ぎてしまうとオフィスに飾れなくなってしまうため、注意が必要です。もし2週間を過ぎてしまう場合は、生花ではなく菓子折りなどを直接持参するようにしましょう。また移転披露パーティー、開所式などが行われる場合は、その当日の朝には必ず到着していなくてはなりません。

移転祝いは直接持参して渡すのがベストですが、遠方だったり訪問する機会がないといった場合は、もちろん宅配でも問題ありません。ただ移転の前日や当日の朝に届いてしまう場合は、引越し作業でバタバタしていますので、事前に先方に確認を取ることをおすすめします。

移転祝いで人気は生花

移転祝いで贈るものは、大別して「品物」もしくは「電報」の2つになります。それほど付き合いのない会社であれば電報でお祝いを伝えるだけでも十分ですが、長年お世話になっていたり、頻繁に取引を行っているような会社であれば、やはり感謝の気持ちを込めた品物を贈ることをおすすめします。

移転祝いで贈る品物といえば、日本酒やワイン、観葉植物、高価な置物などが挙げられますが、中でも喜ばれるのが生花です。移転したばかりのオフィスはまだ殺風景な場合が多く、色鮮やかな花で華やかさを演出できます。移転祝いで贈る生花は胡蝶蘭が一般的ですが、白にこだわらず、相手の会社のコーポレートカラーをメインにしたアレンジにすると非常に喜ばれます。

移転祝いで贈る品物の金額相場

移転祝いで贈る花の金額相場ですが、贈る相手との付き合いの深さによっても変わってきます。一般的には1万円~3万円といったところが相場ですが、特にお世話になっている会社であればそれ以上高額なお花で、感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。

移転祝いを贈る際のマナー

移転祝いを贈る際にもいくつかのマナーがあります。前項でも言及しましたが、移転から2週間を過ぎてから生花を贈ることは避けたほうがよいでしょう。また壁に穴を開けなくては飾れないような絵画や壁掛け時計も、かえって迷惑になってしまう場合があります。ほかにも火事を連想させるような真紅の花は縁起が悪いとして移転祝いには向きません。

移転祝いを贈ってはいけないケース

移転した場合でも移転祝いを贈ってはいけないケースもあります。特に気をつけたいのは、業務縮小による移転です。業務縮小に対してのお祝いということになってしまい、非常に失礼になりますので注意が必要です。

今後の円滑な付き合いのためにも移転祝いにはお花を

移転祝いは、日頃の感謝を形にして表すのに非常に良い機会です。特にオフィスに華やかさを彩る生花は移転祝いの品として多くの方に喜ばれます。これまでの感謝の気持ち、そしてこれからの円滑な付き合いをしていくためにも、移転祝いに迷ったときは色鮮やかな生花を贈ることをおすすめします。