オフィスデザインの役割

オフィスデザインとは、毎日大半の時間を過ごしているオフィス空間を、機能性や快適性などの視点から、より働きやすい環境にしようとするもの。オフィス全体のレイアウトはもとより、デスクレイアウト、カラーリングなどを含めてオフィスデザインすることによって、どのような効果が生まれるのでしょうか。

業務特性を考慮し仕事の効率化・生産性の向上を図る

ひとつの企業内には営業や経理、企画、制作など、さまざまな部署が存在し、その業務内容はもちろん異なります。ただ雑然とデスクが並んでいるだけのオフィスが、業務に適した環境といえるでしょうか。

業務内容が異なれば、日中は外に出ていることが多い営業職、コミュニケーションが必要な企画職、集中して業務にあたりたいクリエイティブ職などというように、その部署の特徴を加味したデスクレイアウトを施すことにより、業務の効率化や生産性の向上がオフィスデザインによって見込めるのです。

また、インターネットの普及により、どのような場所でも働ける環境が整えられつつある現在では、さまざまなワークスタイルに対応できる職場環境の構築も求められています。

企業ブランディング&組織の一体感を生むオフィスデザイン

企業の顔ともいえるエントランスをコーポレートカラーで統一したり、ロゴやアクセントカラーを用いて表情を与えたりするオフィスデザインも、その企業らしさを演出することができるひとつの方法です。スタイリッシュ感や重厚感、ユーモア性など、その企業がもつ特性を端的に演出することで来客者に与える印象度も異なってくるでしょう。

部署ごとにワークスペースのチェアの色を変えるだけでも、オフィスに明るさが増し、チームワークや組織の一体感を生むことにつながっていきます。

少しの環境の変化でモチベーション・快適度が変化する

人数などによって使い分けられる会議室やミーティングスペースの設置、1部屋ごとにインテリアやカラーリングなどが異なる演出なども、社員の主体性を刺激する要素になり、モチベーションの向上などが期待できます。もちろん、その機能性としてのオフィスデザイン要素も強いのですが。

最近では、業務中にひと息つくことができるリフレッシュスペースの設置も人気です。ソファーなどを配してくつろげる空間を作ることで、頭を休め、新たな気持ちで業務に集中できたり、たわいもない会話からアイデアが生まれたりなど、社員同士の交流の場としての機能も持ち合わせています。

バランス感あるオフィスデザインから生まれる人と企業の成長

機能性と快適性、デザイン要素をバランスよく組み込んだオフィスデザインは、“オフィスで仕事をする意義”として、社員の心のどこかに引っかかりメリットにつながっていくことが大切です。オフィスで仕事することで、自分の役割を主体的に担って力を発揮し、やりがいを感じとれ、個人を成長させ、業務を活性化させる魅力をオフィスデザインは秘めているのです。