やっぱりプロに任せるべきだった!オフィスデザインの失敗例

「なるべく安くすませたい」「店舗ではないから、見栄えは重視しない」「ネットでコツを調べれば大丈夫」。こうした理由でオフィスの移転やデザインを自分たちで行う会社があります。しかし追加費用が発生したりやり直しになったりすることも少なくありません。そんな後悔をしないよう、ありがちな失敗例を見てみましょう。

不便すぎる動線

動線の設計ミスはかなりやってしまいがちな失敗です。例としては、メインの動線の広さが足りない、行き止まりや袋小路ができてしまう、ドアとドアまたはドアと人がぶつかりやすい、頻繁に使うプリンターやコピー機が奥まったところにあるなどが挙げられます。オフィス関連の図面は見慣れていない人にはわかりにくく、そのことがミスを助長する面もあります。

そびえ立つパーティション

プライバシーを重視してパーティションを高くしすぎると、誰が席にいるのか目視できないばかりか、気軽に声をかけたり質問したりできなくなります。かといって低すぎると、プライバシーが保たれないだけでなく、業務に集中しにくくなるといったデメリットもあります。

また、個人の執務スペースと打ち合わせなどで使う共有スペースとの割合がアンバランスなのも問題です。ミーティングの場所を求めてオフィス内をさまようことになりかねません。

近くにあるべき部署同士が離れすぎている

営業とマーケティング、人事と社内情報システムなど、日々の業務で密接に連携する部署の組み合わせがあります。その組み合わせを考えずに席の配置を決めてしまうと、コラボレーションしにくくなったり業務効率が悪くなったりします。

家具が廊下やエレベーターを通らない

大きめの来客用ソファーやロッカーといったオフィス家具がフロアに入らないということもしばしば起こります。また、オフィスの入口の高さや幅は事前に確認する方が多いですが、忘れがちなのは階段や廊下の曲がり角やエレベーターの広さの確認です。窓から吊り上げて入れるという力技で解決できる場合もありますが、これには追加の費用がかかります。最悪の場合には、家具の返品や廃棄処分を余儀なくされることもあります。

統一感が全くない家具やデザイン

机や椅子、その他オフィス家具のサイズや色がバラバラで、壁やカーペットもコーポレートカラーと関係のないものを使っているようなオフィスは、雑然としてまとまりがなく見えてしまいます。来訪者にも良い印象は持たれないでしょう。やはりある程度の統一感や整然さはほしいところです。

窓を有効活用しない

詰め込みすぎのオフィスにありがちなのが、窓をオフィス家具などでブロックしてしまい、せっかくの自然光をうまく取り込めないことです。たとえ照明器具で明るさを確保しても、閉塞感は解消されず、従業員のストレスがたまります。

DIY (Do It Yourself) に走りすぎる

Do It Yourself、つまり、従業員たちでオフィスの移転やデザインをやるのは、コスト面で魅力的に思えます。しかし実はプロに任せた方がより節約になる場合が多いのです。

経験豊富なプロに任せれば、オフィスの見栄えは確実に良くなります。それだけでなく、オフィススペースを無駄なく使えるようにしたり、ブランドイメージをデザインに取り入れたりもしてくれます。もちろん従業員の健康や安全にも配慮し、法令違反の心配も無用。スケジュール通りに移転やデザインが完了するため、やり直しや追加の費用が発生することもありません。