デスクレイアウト ~賢いオフィスレイアウト術~

オフィスレイアウトを考えるときに重要になるのがゾーニング。ゾーニングとは作業動線を踏まえた空間レイアウトのこと。その中でも日々業務を行うデスク周りのレイアウトは、快適性や効率性に大きく影響する部分です。使いにくい部分は改善して、業務に集中できる環境を作りましょう。

島型対向式 ~チーム一体型~

【おすすめ職種】事務職・営業職など

最も一般的なオフィスレイアウトで、部署やチームごとにデスクを対向させて島を作るタイプです。スタッフ同士の顔が見え、近距離にいるのでコミュニケーションがとりやすく、一体感をもって業務に取り組める特徴をもっています。

同じ形状のデスクや椅子で島を作るので、スペース効率や配線効率にも富んでいて、レイアウトの可変性が高いこともメリットのひとつです。

背面対向式(チームブース型) ~チーム一体型+パーソナル集中型~

【おすすめ職種】企画職・開発職・クリエイティブ職など

島型対向式と対をなすのが背面対向式のオフィスレイアウト。デスクを背中合わせにレイアウトし、部署やチームごとにひとつのブースを構成します。

他人の視線を気にすることなく、集中して作業を行えることに加え、後ろを振り返ればチームでコミュニケーションがとれ、コンセントレーションとコミュニケーションを両立させることができる点が大きな魅力です。ベンゼン式と呼ばれることもあります。

同向型 ~チーム並列型~

【おすすめ職種】事務職・経理職など

スタッフが同じ方向を向き、視線が対向せず、動線が明確になるオフィスレイアウトです。来客に対する姿勢や業務の流れ(一線式業務)がよく、機能的であることから定型業務に向いているといえます。銀行などで多いタイプのレイアウトです。

ブース型 ~パーソナル集中型~

【おすすめ職種】開発職・クリエイティブ職など

デスク周りをパネルやローパーティションで囲い、独立したブースとしてワークスペースを確保するオフィスレイアウトです。周囲の視線や雑音を気にすることなく、業務に集中することができ、収納効率もよいのが特徴です。卍型などにレイアウトされることが多く、スタッグ式と呼ばれることもあります。

周囲とのコミュニケーションをある程度確保したい場合などは、パネルの高さやレイアウトによって変更することも可能です。

フリーアドレス型 ~座席フリー型~

【おすすめ職種】営業職など

個人専用のデスクをなくし、空いている席を自由に選べるオフィスレイアウト。とくに営業職などで採用されることが多く、在席率に応じて調整可能。必要最低限の席数の確保で済むので、コスト削減やスペース効率の向上にも役立ちます。

フリースペースということで、作業に使うパソコンや必要書類は、個人専用ロッカーなどから出し入れすることになり、デスク周りをきれいに保つことができます。

アクティビティ型 ~プロジェクト共同型~

【おすすめ職種】企画職・クリエイティブ職など

多くの業務に対応できる、さまざまなデスクを用意しておき、スタッフは、自分の担当する内容に従って最適な場所を選ぶオフィスレイアウトです。

プロジェクト単位でチームを組んで業務するときに最適なレイアウトのひとつで、フリースペースに設けられたり、会議室の1室をこのタイプにしたりすることが多いです。