オフィスレイアウトから考えるセキュリティー対策

近年、オフィス内での不審者の侵入や情報漏えいなどセキュリティーに関するニュースをよく耳にします。しかも書類や金庫といった目に見えるものではなく、PC内のデータなど、企業の機密情報がほんの数分の間に盗まれてしまうといったことも多く、オフィスのセキュリティー対策は急務となっています。

ゾーニングを見直してセキュリティー強化

用途に応じ、オフィスの間取りを決めることをゾーニングといいますが、このゾーニングを適切に行うことでオフィス内のセキュリティーを強化することが可能です。具体的にはゾーンレベルを、公開ゾーン・来訪者ゾーン・内部ゾーン・特定ゾーンなど、明確に分けることがポイントとなります。

こんなリスクがある!

適切なゾーニングを行わないことによって、オフィスは以下のようなリスクにさらされることになります。

情報漏えい

誰もが自由に行き来できるオフィスは、一見自由でいいですが、外来者の侵入も容易にしてしまいます。
新製品や顧客情報など、機密情報が漏れてしまう可能性もあります。

紛失

ほんの数分、退席していた間にデスクの上に置いた書類がなくなってしまう。
しかしゾーニングされていないオフィスでは、紛失か盗難かを判断することさえ困難です。

盗難・不法侵入

PCやサーバ内の重要なデータは、パスワードさえ設定していれば安全というのは大きな間違いです。
不法侵入者はほんの数分で企業の最重要機密も簡単に盗み出します。

ゾーンセキュリティーで安心なオフィス

不法な侵入者を防ぎ、情報漏えいや盗難といったリスクを回避するには、それぞれのゾーンに応じたセキュリティー対策が必要となります。

公開ゾーン

公開ゾーンは、敷地内のエレベーターホールや廊下など、スタッフや外来者を問わず誰もが自由に行き来できるゾーンです。

ここでのセキュリティー対策は、できるだけ死角を作らず透明性の高い素材パネルなどを使い、人の動きが一目瞭然となるようにすることです。

来訪者ゾーン

来訪者ゾーンはエントランスや応接・商談室、洗面所など、スタッフと入居が認められたお客様が行き来できるゾーンです。

ここでのセキュリティー対策で一番重要なポイントは、内部ゾーンとの区分けをきっちりと行うことです。
来訪者から内部ゾーンが丸見えにならないように間仕切りを置く。会議室に移動する導線に内部ゾーンを含めないといったレイアウトにします。また、会議室の間仕切りは、防音性の高いものが望ましいでしょう。

内部ゾーン

内部ゾーンは、業務スペース・休憩室など、スタッフのみが行き来できるゾーンです。

オフィスでの情報漏えいや盗難は、外部の人間だけではなく、社内スタッフによって行われる場合もあります。これを防ぐには死角になるような無駄な間仕切りをなくし、できるだけオープンなレイアウトにすることです。

特定ゾーン

特定ゾーンは社長室やサーバ室など、スタッフであっても限られたものしか入室できないゾーンです。

ここでのセキュリティー対策は、オフィスの中でも一番奥のほうに設け、入退室管理システムを導入などが考えられます。気軽に行き来できない場所にレイアウトすることで、不審者が近付けないようにすることがポイントです。