ワークスタイルとオフィスデザイン

会社の業績を上げるには、スタッフのモチベーションをいかに向上させるかが重要となります。直接的には給与や労働時間などの待遇を見直すことが考えられますが、実はオフィスデザインの見直しによってもモチベーションの向上を図ることができるのです。

職種によりデスクレイアウトを変更

従来、オフィスデザインは部署や職種に関係なく、一律同じデザインの無個性なものでした。しかし最近では部署や職種によって最適なデザイン・レイアウトすることにより、作業効率の向上はもちろん、スタッフ間のコミュニケーションも活発になるという効果を生み出しています。

例えば、プログラマーやデザイナーなどのクリエイティブ職の場合、デスク周りをローパーティションなどで囲い、独立したワークスペースを確保できるブース型がおすすめです。これにより周囲に影響されることなく仕事に集中でき、作業効率を向上させることができます。

企画職の場合は、スタッフ間でのコミュニケーションが重要なため、背面対向式がおすすめです。これはデスクを背中合わせにレイアウトすることで、スタッフ間の距離をなくしコミュニケーションを取りやすくするとともに、普段は他人の目を気にすることなく仕事に集中することができます。

日中ほとんど外出をしていて社内にいない営業職の場合は、フリーアドレス型です。個人専用のデスクをなくし、空いている席を選び自由に座れるレイアウトです。フリーアドレス型を採用することで、オフィスの省スペース化を実現し、コスト削減にも役立つのです。

このように部署や職種に適したオフィスデザインを施すことで、作業効率も上がる働きやすい環境を作ることができるのです。

集中とリラックスできる環境を作る

作業効率を向上させるオフィスデザインのもうひとつのポイントは、ワークスペース以外のデザインの見直しです。デスクに向かったままで息抜きができないオフィスでは、かえって作業効率は落ちてしまいます。フリースペースや休憩室、ランチルームなど、仕事と休憩のメリハリをつけるための場所を充実させることも、作業効率の向上、モチベーションアップにつながります。

休憩室やランチルームなどは、部署や職種に関わらずすべてのスタッフが集まれる場所です。つまり単純に休憩するだけではなく、部署や職種を飛び越えたコミュニケーションを図るためにも重要な場所となります。そのため、誰でも気兼ねなく利用できるオープンなデザインにする、また逆に、少人数ごとにゆっくりできるスペースをいくつか設けるなど、さまざまなスタイルが考えられます。

空間をデザインしたオフィス

ゾーニングという言葉をご存じでしょうか?オフィスで誰もが快適に仕事ができるように、作業動線や視線が衝突しないよう踏まえた空間レイアウトのことです。デスクのレイアウトはもちろんのこと、ワークスペースと会議室の位置関係、ワークスペースと収納スペース、お客様を案内するエントランスと会議室など、限られたオフィス空間を上手く使ったレイアウトが望まれます。

もちろんオフィスの広さによって実現が難しい場合もありますが、フリーアドレスや半透明のパーティションの採用をはじめ、床や壁面のカラーリング、遊び心をもったゆとりの演出など、工夫を凝らすことで空間を上手く使った、ワークスタイルに合うオフィスデザインが可能になります。