狭くても諦めない狭小スペースを有効利用

狭いオフィスは、業務効率が低下したり閉塞感がストレス要因になったりと、あまり理想的な環境とはいえないかもしれません。かといって、簡単に広いオフィスに引っ越せるわけもなく、増床するのも賃料がかさみます。そこで、知恵と工夫を活かして、狭くても効率よく快適に使えるようにしましょう。

狭小オフィスはスペースの有効利用が命

狭いオフィスではスペースの有効活用が至上命題になります。機能・目的ごとのスペースをすべて確保するのはほぼ不可能ですから、様々なビジネスニーズに柔軟に対応できるやや広めの多目的スペースを設けましょう。そして、そのスペースに用途や人数に応じて大きさを変えられる(または、分離・連結できる)テーブルを置けば、汎用性はさらに高まります。

また、動線計画も重要です。狭いといっても人と物は効率よく、かつストレスなく動けなくてはなりません。
狭小オフィスで、さらに形が特殊といった場合(例えば、ウナギの寝床のように細長いオフィスや多角形のオフィスなど)、レイアウトの難易度が格段に高くなるので、専門業者の意見を聞くことも選択肢の一つです。

パーティションを巧みに使おう

業界や仕事内容などによって異なりますが、一般的に狭いオフィスの場合、ひと目で全体が見通せるよりも、ある程度目隠しなどで区切って見えないスペースを作ってある方が、秩序を維持できるようです。それだけでなく、秘密保持や個人情報の保護などにも配慮しているという良いイメージを社内外に与えやすいといわれています。そこで、活躍するのがパーティションです。

パーティションでオフィススペースを区切る場合、業務エリアは一か所に集中させ、応接エリアは広めに取るのが効果的です。また、注目や関心度が分散しがちな大きなオフィスと異なり、小規模オフィスでは「上司や同僚に常に見られている」という印象が強まり、ともすればストレス要因になります。パーティションにはそうした印象を和らげ、業務に集中しやすくなる効果も期待できます。

一人当たりのデスク面積を見直す

複数の団体・企業が実施している「社員一人当たりのデスク面積はどれだけ必要か」という調査では、約10平方メートル~約15平方メートルまでという調査結果になりました。しかしこの結果は、主に中規模かそれ以上の広さのオフィスを対象としたもので、狭小・小規模オフィスでは、社員一人当たり7平方メートル程度のデスク面積でやりくりしているところも多いようです。例えば、ノートパソコン1台しか置く必要がない場合には、横幅1.8メートルの標準的な机はミスマッチです。反対に、図面や物を広げることが多かったりパソコンを2台使用したりするような人は、大きな机が必要です。業務内容に合わせて机の大きさを見直しましょう。

共有スペースの活用方法も見直す

オフィスの狭さや社員数と不釣り合いなくらい会議室が大きかったり休憩・ランチ用のスペースが広かったりするケースも少なくありません。共有スペースは、面積的に余裕のない小規模オフィスにとって、大変貴重なものです。用途の幅を広げたり、使用ルールを明確化したり、事前の施設予約を徹底することで、有効活用を図りましょう。

外出する人が多いなら、フリーアドレス制の導入も

営業職のように外勤時間が長い人や直行・直帰の人が多い会社なら、各個人が自分の机を持つのではなく、机やパソコンを柔軟にシェアするフリーアドレス型の導入を検討するとよいでしょう。大幅な省スペース化が図れます。