社内コミュニケーションを強化するオフィスデザイン

いいアイデアが出る組織、仕事の連携や情報の共有がスムーズで生産性に富んだ職場は例外なく社内コミュニケーションが活発です。社内コミュニケーションを促すオフィスデザインとはどのようなものかについて、例を挙げながら紹介します。

広く見渡せるオープンなオフィスで社員の連携が加速

業務スタイルによっては、個人の集中を妨げないようなクローズな空間作りも必要ですが、社員の連携、コミュニケーションをより充実させるなら、あえて背の高いパーティションを取り払ってフラットなオフィスに設えるのもひとつの手です。どこにいても働く仲間の声が聞こえ、必要ならデスクに座ったままでも会話ができる──どこか昔懐かしい職場の光景のようですが、意外にも古くて新しいコミュニケーション作りの妙手かもしれません。

開放的なミーティング空間がよい発想を生む

今やどの企業でも会議は「別室」でというのがお約束になっていますが、もし、ワークスペースに隣接した場所に開放的なミーティング空間があったらどうでしょうか? レイアウトするのはテーブルと何脚かの椅子だけで構いません。すぐそこにあるというだけで、いつでも利用でき、社員にとってもコミュニケーションへの意欲がそそられます。しかも会議室への移動というワンクッションがないので、効率面でも優れています。また、オープンスペースだから、打ち合わせ中に別の誰かが気軽に飛び入りできるので、思わぬアイデアや打開策の発見につながるかもしれません。

ユーティリティな共有スペースがあれば交流はもっと深まる

会議室でもない、ライブラリーでもない、使用目的などは一切定義しないユーティリティな共有スペースをオフィスに置いてみるというのもコミュニケーション推進の助けになるかもしれません。広いテーブルとチェアを組み合わせてもよし、バーカウンターのような止まり木的スペースでもよし。きっとそんな空間があれば自然と人が集まってくるのではないでしょうか。デスクワークに疲れた頭をクールダウンしたり、アイデアノートを取ったり、活用は思いのまま。目的はそれぞれでも、さりげない交流の中からコミュニケーションが育まれ、仕事へのモチベーションもグンッ! 高まるはずです。

オープンなライブラリーで知的コミュニケーションを

会社の資料室と聞くと、図書館でいう閉架書庫のようなどこかひっそりと淋しい空間をイメージしてしまいます。確かに一般的にはそこは交流の場ではなく、調べ物をする場所なので仕方ないのですが、そこをひとつイメージチェンジしてみてはいかがでしょう。ただ資料や書類がある、書籍があるというだけでなく、テーブルやチェアを置いて仕事の持ち込みや休憩もできるようにしてしまう。もちろん、オープンなスペースになるようレイアウトや間仕切りの仕方も考慮して、どんどん人がそこに集まってくる場所にアレンジすればよいのです。

カフェのような休憩スペースでリラックスしながら交流

カフェのようなオープンで気軽に立ち寄れる空間をオフィスに作れば、社員は自然とそこに集まってきます。コーヒーやドリンク片手にさりげない会話を楽しんだり、仕事についてアドバイスし合ったり、アイデアを出し合ったりと、さまざまな知的交流が生まれます。もちろん、雑談の中から、互いの親睦も深まり、そこからチームとしての結束も育まれるのではないでしょうか。