パーティションを利用してスペースを有効活用

限られたオフィス空間を有効活用するのにパーティションはとても便利です。とくに部署やチームを編成する場合やミーティングスペースを作るとき、視線を遮る仕様にするときなどには利用価値が高いといえるでしょう。そんなパーティションのバリエーション、賢く使う方法について紹介します。

天井までふさぐ・天井をあける? ~オープンタイプ・クローズタイプ~

大別するとパーティションには2通りのものがあります。壁の上端から天井までの欄間(らんま)に当たる部分を開けた状態にしておくオープンタイプと、閉じてしまうクローズタイプです。多くの場合はオープンタイプで事足りますが、会議室や重役室など会話や情報の秘匿性を一定以上確保するには、音漏れの少ないクローズタイプが適しています。

ただし、天井までふさぐようなクローズタイプのパーティションを設置する場合は、消防法により個室と認められるので煙感知器やスプリンクラー、誘導灯、点検口、非常用スピーカーなど、防災設備を設ける必要が生じます。また、当然ですが、設置場所にあたる天井部分に照明やエアコン、消防関係の機器の有無なども確認したうえで、レイアウトを決めることが大切です。

アルミパーティション

軽量で加工も簡単、価格も安いアルミパーティションは導入や維持のしやすさで人気です。骨格がアルミで、パネル部分の表面素材がスチールなので汚れが落ちやすく、日頃のお手入れもラクですが、遮音性や断熱性はあまり期待できません。また高層ビルで使用する場合は消防法の制限があり、パネルの内部に繊維(紙)素材が用いられているものが使えないので、不燃タイプを選ぶ必要があります。なお、デザイン性、カラーバリエーションを追求するならガラスアルミパーティションも選択肢のひとつになります。

スチールパーティション

消防法を最初から意識するなら、スチールパーティションがよいでしょう。文字通りスチール製でパネルには石膏ボードが用いられているため火や熱に強く、安全性は確かです。またアルミパーティションとは異なり、つなぎ目が目立たず外観上も美しいのがメリット。さらに遮音性という点でも優れています。ただし価格やデザインバリエーション、納期についてはアルミ製ほど高くありません。

可動式パーティション(スライディングウォール)

オフィスレイアウトをよりフレキシブルに変えたい場合には、可動式のパーティション(スライディングウォール)がおすすめです。ただし、重量のあるパネルを動かせるように、天井部分を改修する必要があり工事費がある程度かかることを覚悟しなければなりません。それでも用途によって、空間を自由に改変できる便利さは捨てがたいもの。例えば、大会議室を区切って小会議室を臨時に複数設けるといった使い方は可動式ならではといえます。

ローパーティション

パーティションといえば、どちらかというと床や天井部分に固定しないこのローパーティションを思い浮かべる方も多いでしょう。空間を仕切りながらもオープンな雰囲気をキープできるので、部門や部署レベルのオフィスレイアウトには最適。仕事への集中を促しながら、かつお互いのコミュニケーションも阻害しないのでとても有用です。何より柔軟にレイアウトできるのが最大のメリット。ローパーティションの名称が示す通り背の低いタイプから、天井近くまであるような背の高いものもあり、用途によって使い分けることができます。ドアも付けられるので、個室風のスペースも容易に設置できます。

デザインパーティション

空間を仕切ることでオフィスレイアウトを自在に変えられるのがパーティション特有の機能ですが、さらにデザイン性を前面に打ち出したものがデザインパーティション。パネルとブロックパネル、ガラスという3つの素材を組み合わせて、仕切り、セキュリティ確保と同時に室内イメージを明るく演出できるのが特徴です。デザイン性を重視している分、価格、施工費用とも一般のものより高く、工期も相応にかかるのは仕方のないところ。しかしデザインガラスパーティションのように、高級感や美観を特色としながら、低コストを意識した間仕切りも用意されています。

このタイプなら、ガラス素材を中心にクロス貼りや板貼りなどもチョイスできるほか、ドアも窓付き、木目調、スライド式と選択肢も豊富。自在に組み合わせでオリジナリティーあふれるオフィス空間を演出できます。