オフィス移転・引越しは“投資”と考える

近年、業務内容や経営戦略に応じて臨機応変にオフィスデザインを変える企業が増えています。オフィスデザインを変えることは、企業ブランディングや仕事効率の向上、モチベーションアップなどさまざまなメリットがあり、社内・社外ともに好影響を与えることは間違いありません。オフィス作りは、単に経費がかかることではなく、企業を成功へと導くための「未来への投資」といえるでしょう。

企業ブランディングにつながる

ビジネスの世界では第一印象がとても重要。それは人だけでなくオフィスにもいえることです。お客様を気持ちよく迎え、よい企業イメージを与えるためにも、オフィスの移転や引越し、デザイン、レイアウト変更は有効です。お客様に与えたいイメージを考慮して、オフィスを一新させましょう。

組織連携・コミュニケーションの活性化につながる

リフレッシュスペースを設けて社員同士が気軽に話せるようにしたり、関連部署同士を近くにレイアウトしたりすることで情報交換がしやすくなり、新しいアイデアが生まれやすくなります。社員間のコミュニケーションが活性化することで、業務効率の向上にもつながります。

生産性向上・モチベーションの向上につながる

1日の1/3を過ごすオフィスを快適な空間にすることは、社員のモチベーションアップにつながります。モチベーションがアップすることで積極性やアイデアが生まれやすくなり、生産性の向上にもつながります。

省エネ化・経費削減につながる

オフィスのデザイン・レイアウト変更を行う前に、「使ってないスペースはないか」「不要な設備はないか」というように、現状のムダを洗い出してみましょう。それらをもとに、デッドスペースをなくし、最新機器や什器、LED照明、効率的なレイアウトを心がけることで、余分な経費の削減につながります。また、削減できたコストをオフィスの環境改善に生かすことも可能です。

人材確保や人材の流出防止につながる

オフィスの新しさ・キレイさも会社選びの基準のひとつとなり得ます。快適なオフィス空間、充実したオフィス空間で働けることが、志望意欲を増幅させます。もちろんそこには、その企業らしさを踏襲するブランディング要素が必要です。また、快適なオフィス空間であれば人材の流出防止にもつながるでしょう。