オフィスレイアウト事例が多い業者は信用できる!?

オフィス移転・引越しを行うにあたり重要なのが、業者選び。業者選びの基準のひとつとして、ホームページなどに掲載されている「事例」が挙げられます。事例が多いということはそれだけ多くの仕事を手掛けた実績があり、過去の経験をもとに、最適なアイデアや提案につながる可能性があります。

ホームページの事例をチェック!

チェックポイント1 事例の数を見る

数あるオフィス移転や引越し業者のWebサイトの中から、事例が多く掲載されている業者を複数ピックアップします。その後、選択したWebサイトの事例の内容をじっくりと読んでみましょう。

同じような事例に見えても、企業の要望やオフィス空間の広さ・間取りは異なるため、オリジナルのレイアウト・デザインに仕上げていることが多いことがわかります。自社では考えていなかったオフィスレイアウトやヒントが見つかることもあり、「○○なレイアウトを取り入れたい」など、依頼時もスムーズにオーダーすることができます。

チェックポイント2 同業の事例を見る

多くのオフィスレイアウトは、現代的でスマートな印象を与えるように仕上げられることが少なくありませんが、それは必ずしも各企業にとってよいこととは言い切れません。オフィスレイアウトはデザインを追求する以前に、事業内容を考慮して設計する必要があります。例えば個人情報の厳重な管理が求められる事業を展開している企業では、高レベルのセキュリティーシステムの導入や、情報漏えいを防ぐレイアウト設計を行うべき。デザイン事務所なら遊び心をもったオフィスレイアウトになるかもしれません。

事業内容によって行うべきオフィスレイアウトは異なるため、自社と同業の事例を確認し参考にしてみましょう。とくに、自社の改善したい点に手を加えている同業企業の事例は参考になります。

チェックポイント3 業者の対応を見る

オフィスデザイン・レイアウト事例の中には、完成したオフィスレイアウトの画像だけでなく、企業の要望に対してどのような提案をしたか、どんな打ち合わせを行ったかという、業者の対応力なども確認できるケースがあります。信頼できる業者を選ぶには、デザイン・レイアウト設計の質だけでなくサービス面も重要ですから、親身になって丁寧に対応してくれる業者か、こちらの要望を生かしてくれる業者かなども、事例から読み取れるとベストです。