オフィスレイアウトの基準寸法

オフィスレイアウトを考えるうえで重要なポイントとして、「オフィス基準寸法(通路の幅など)」が挙げられます。オフィス基準寸法とは、オフィスレイアウトを設計する際に標準となる寸法値のことで、デスクとデスクの間隔幅やデスクから壁までの間隔幅など。快適で効率のよいオフィスを作るための基準となる各種参考値を紹介します。

通路のスペース

人がデスクから離れる際の動きを想定して、どこにどのくらいのスペースが必要か考えましょう。標準的な体型の人が通路スペースを通ることを想定すると、900mm以上の通路幅が確保できるとスムーズに移動ができます。人とすれ違う際にもストレスを感じることは少ないでしょう。

デスクとデスクの間

デスクに背中合わせに座っている人と適度に距離がとれ、座っている背後をスムーズに移動できることが大切です。デスクで作業している人のスペース幅はデスクから600mm程度。

デスクから離れる際の動きを想定して、プラス150mmの幅を確保します。背中合わせに座っている場合、デスク作業者2人分のスペース幅も考慮して、デスクとデスクの間は最低1350mmが必要です。

通路とデスクの間

デスクに座っている人の後ろに通路を設ける場合、その通路をどのくらいの人が通るかによっても確保すべき寸法は異なります。来客の多いオフィスや入口に近いスペースでは、ゆとりのある設計が重要です。

デスクでゆとりをもって座ることができ、その後ろを通過する人もスムーズに通れるようにするためには、通路とデスクの間は1800mm以上のスペースを確保することをおすすめします。

キャビネットとデスクの間

キャビネットが開けやすく、またキャビネットを開けている最中でも背後を問題なく通過できる寸法にしたいものです。デスクでゆとりをもって座れるスペース、キャビネットでスムーズに物を取り出せるスペース、その間を通常歩行できるスペースを確保するようにしましょう。目安はキャビネットとデスクの間が1700mm程度です。

パーティションとデスク・椅子の間

オフィスをパーティションで区切ってミーティングルームを作る場合、ゆとりをもって座れるスペースと、席を立って歩行できるスペースを最低限確保する必要があります。ゆとりをもって座れるスペースは600mm、歩行スペースは675mmを目安として設計します。

コピー機と壁の間のスペース

コピーを取る人とその背後を歩行する人にとって十分なスペースを確保したいものです。コピーを取る人のために必要なスペースは450mmが目安。

また、コピー機の背後を通る通路のスペースは、600mmが目安です。コピー機と壁の間のスペースは、1050mm以上確保できれば、快適なコピーコーナーが作れるでしょう。