オフィス選びの27項目

オフィス移転は、今のオフィス環境への不満を改善する絶好のチャンスです。立地や賃料だけにとらわれず、新しい仕事場として適切かどうか、従業員が今よりも気持ちよく過ごせるかどうかにも着目して物件を選びましょう。

すべての条件を満たす物件を見つけるのは困難ですが、優先順位をつけて物件選びの指標にしましょう。以下は、物件選定時にチェックしておくべきポイントです。賃料・面積などの他に、のちに事業運営にかかわりが出そうな要点を漏れなく確認しておきましょう。

  • 立地
  • 面積
  • コスト
  • 設備
  • 環境・条件
  • その他

立地

  • 最寄り駅からの所要時間
  • 交通機関の充実度と混雑状況
  • 取引先への交通アクセス
  • 周辺施設の充実度(コンビニエンスストア、昼食レストラン)
  • 周辺道路状況、交通量

面積

  • 現オフィスの面積とのバランス
  • 将来的な人員計画との整合性
  • 1人あたりのワークスペースに見合った総面積

コスト

  • 周辺地域の相場と賃料の適正額
  • 保証金の相場
  • 光熱費・設備費の金額と内訳
  • オフィスビルの投資計画、共益費の使い道
  • 原状回復費用における規定
  • 季節や業種など条件に応じた変動要因の有無

設備

  • トイレ、給湯室、エレベーター、通信設備、駐車場などの必要設備の充実度
  • メンテナンス・清掃など管理の頻度・方法
  • 空調・照明の種類

環境・条件

  • 天井高・柱の位置
  • 窓の数、位置
  • 什器サイズとの整合性
  • オフィス家具・什器・OA機器などにおける床の耐荷重
  • 配線方法
  • ビルの入館時間帯・休館日などの利用条件

その他

  • 防火責任者の取り決めなど法令を遵守した体制
  • 管理会社の業務内容
  • 警備員・管理員・無人セキュリティなどの防犯システムの充実度
  • ビルオーナーの種類(個人・法人)・財務状況・人柄

三英オフィスサービスが快適なオフィスをご提供します。

現在のオフィスの問題点、従業員が求める快適な環境、賃料や交通費などのコストと、あらゆる影響範囲を考慮したオフィス選びは移転計画の最難関です。創業より40年以上、1,000件以上の移転をお手伝いしてきた三英オフィスサービスが、御社に最適なオフィスをご提案します。

目的に合わせたオフィスレイアウトとは

  • ページの先頭へ戻る